ちょっといい話

今日は、ちょっとニュースを。

老犬が認知症女性救う、氷点下の公園で一夜寄り添い…茨城 

茨城県東海村の認知症の女性(73)が5日朝から行方不明となり、約30時間後に自宅から約5キロ離れた同県ひたちなか市の公園で無事、保護された。
氷点下の屋外で一夜を過ごしたとみられるが、女性の傍らには中型犬(雑種、オス)が寄り添っており、ひたちなか西署は「犬を抱いていたため毛布代わりとなり、体温低下が避けられたのではないか」と話している。
同署によると、女性は5日午前7時半過ぎ、家族が目を離したすきに自宅から姿が見えなくなった。セーターに薄手のジャンパーという軽装だった。家族の捜索願を受けて同署や消防団で捜索していたが、6日午後1時ごろ、たまたま公園を通りかかった男性が見つけ、女性と犬を同署に連れてきた。女性は自宅から公園までの道のりを歩いてきたとみられる。
犬は女性の飼い犬ではなく、体長約1メートルの老犬。署員が女性に事情を聞いている間も女性のひざに乗るなどよくなついていたという。ひたちなか市に隣接する水戸市は6日未明、最低気温マイナス2・2度と、この冬一番の冷え込みだった。水戸市消防本部は「(この服装で)じっとしていたら、2時間程度で凍死していた可能性がある」と指摘した。女性は「寒くなかった」と話しているという。
(2007年12月7日3時4分 読売新聞)

あー、こういう話きいちゃうともうだめですね、、、。涙腺がー。
このおばあちゃん、犬好きな方だったのかな。
ワンちゃんも犬が好きな人とそうじゃない人はわかるらしいから。
とにかく、おばあちゃんよかったですね。

***

私もかつて、犬を飼っていました。
中学生のときに、学校から拾ってきて。 だって、大人の犬にいじめられてたもんね。
まだすごくちっちゃくて、よちよちしてて可愛かったなあ。
きちんと最後までお世話をする、というのが約束で やっと飼う許可をもらえました。
顔がね、真っ黒で熊の子供みたいだったから、名前は「ベア」。
一度だけ貧血で入院した以外は、大きな病気もせず ずーっと元気でした。
犬に、玉ねぎを食べさせたら貧血になるそうですね。私、知らなくって、、ごめんね。
でもベアちゃん、すごく長生きだったんですよー。もうね、大往生。
おばあちゃんになってからは、歯はガタガタで、足も弱くなってたけど、、。
ベアのあとはずっとなにも飼ってなかったけど、最近またワンちゃん飼いたいな~、と思い始めてます。
c0118613_2125013.jpg
                ベアでーす。 成長したら、顔黒の面影なし!?

この写真のベアちゃんが、なんと父にそっくりなんです(笑) 雰囲気が似てるのかなー。
ペットは飼い主に似る、っていうのは良く聞くけど 激しく同意。
近所の人たちに、○○さん、ベアちゃん そっくりね~。と言われて
オレの方が生まれたのは先!オレベア似てるんだ! と本気で怒ってましたが(爆)
ちなみに、私は父にそっくりらしいので、私もどうやら ベア似のようです(笑)
[PR]
by dolcevita_k | 2007-12-08 22:29 | ツブヤキ


<< 宣言しようかな、、やめよかな、、、 たま〜に、ネ >>