初体験 ~チョコケーキバー~ &初詣

元日は、お酒を飲んで一日おうちでまったりしていましたが
夜に酔いが醒めたら、急にお菓子が作りたくなって「チョコケーキバー」を作ってみました。
これは、簡単でおいしいです♪ 
c0118613_21501055.jpg
材料を計るときに、○グラムは大体 これくらいかな、とある程度予想して乗せてみるのですが
実際の量との、はずし具合に驚きます。   慣れてないし、数字苦手だからな~(いいわけ)
やっぱりプロな方たちはパッとわかるんでしょうかねー?

そうそう、前にテレビで見たのですが 長年、お米屋さんをやっているというオジサンが
もうそれこそ、何十年もお米と触れ合ってきたから 大体のお米の重さがわかる!と豪語していて
俵や袋入りのお米の重さを、ほいほいと当てていました。
ほとんど誤差もなく、おーすごい!と感心していたのですが オジサン、それだけじゃ飽き足らず 
生身の女の子を抱えて体重を言い当てていました(爆)
いやー、何はともあれ 特技ってすごいです。 あれっ、はなしそれてる?

、、、というわけで 今年はお菓子作りを楽しみながら ちょっとでも数字に強くなるようにしよう(笑)



やっぱりお正月の行事として日本にいるからには初詣はかかせません!
そして、おみくじを引くことも 毎年恒例の行事。

今年は 大吉じゃなかったけど、いい事がたくさん書いてありました。わーい。
みなさんは、おみくじの結果は信じる(気にする)ほうですか??
私は、どっちかというと気になっちゃうほう。

私がいつも引くおみくじは、吉凶の他に 願望、待人、失物、旅行など何項目かあって
ちょこっとずつコメントが書いてあるもの。

今年は割と軽~い気持ちでそれぞれの項目を見たのですが、去年はかなりビビリながら見ました。
震える手でおみくじを開いて、真っ先に見たのが 「病気」の項目。
というのも、実はわたし、おととしの後半くらいから体調がすごく悪くて、明らかに今までと違ってて
なにか悪い病気にかかってるのかも、、、と夜も眠れないくらいずっと気になっていました。
  なんでー!体調悪いなら、病院に行けばいいじゃん!?って普通の方なら当然思いますよね。
それが、それまで華奢な割りには体が恐ろしく強くって 病院にはほとんど行ったことがなかったので
病院が怖くて怖くて、行かなきゃ、、と思いながらも どうしても行けなかったのです…。

そんな状況で引いた、おみくじの「病気」の項目の結果なのですが、
              「名医と出会う 治る」 って書いてあったんです! もう大号泣!
あれだけビビっていたのに、お正月休みが明けてすぐ病院に行きました(笑)
  そこで ある病気が見つかって、去年の5月末に手術をして 無事完治しました(^^)v

名医と出会う、、、ほんとにね、名医と呼べるような素晴らしい先生と出会えました。

私は、病院の評判などに関しては全くの無知だったので、
なんとなく職場の隣の席の子に聞いたら、なんとその子は病院情報に関してはプロ級(?)で
        「まだ開業したばかりなんだけど、良さそうな病院があるんだ」、
 と薦めてくれたところの先生が、すっごくいい先生で。
目をみてじっくり話を聞いてくれる。不安を取り除くように、病気についてしっかり説明をしてくれる。
こんなのは、当たり前のことかもしれないけど不安でいっぱいだった私には、それがすごく嬉しかった。

幸い命にかかわるようなひどい病気じゃなかったけど、手術は避けられないという事実と
張り詰めてた気持ちがバーンと弾けて、、、自然と涙がぽろぽろ。
私が落ち着くまで 「心配しなくて 大丈夫、大丈夫」 とずっと励ましてくださいました。
でもその病院は、患者さん一人ひとりの話をしっかり聞いてあげたい、という先生の思いから
手術設備を置いてない為、手術担当の先生を紹介していただいたのですが
その先生が、私が受ける手術の分野では超有名な先生なのでした。それこそ、名医!

初めての入院&手術は、思いのほか楽しくって 病院大好きになってしまいました(え!?)

病院を紹介してくれた隣の席の子や
お世話になった先生方には、ほんとうにほんとうに感謝しています。

毎年、おみくじを引くたびに きっとこの時のことを思い出して
   健康な体でまた新しい年を迎えられることに、感謝の気持ちでいっぱいになるんだろうな。。。

この場を借りて、本当にありがとうございました! (関係者はだれも見てないと思うけど、えへっ)
[PR]
by dolcevita_k | 2008-01-06 02:49 | リョウリ・オカシ


<< 冬、晴れ、空 2008年、もっと高いところへ >>